私たちの仕事

一覧へ戻る

職場環境向上活動
2020年10月20日
R2.8.16 屋根に遮熱塗料、窓をLow-Eガラスにします②

まず、屋根の遮熱塗料施工状況を掲載いたします。

施工前の屋根の状況です。
瓦棒のトタン葺屋根なのですが、塗り替えてから10年程度たっており、所々で劣化が見られる状況です。

第一段階は高圧洗浄を行い、蓄積された汚れを洗い流します。

高圧洗浄後は屋根面の凹凸をならすためにケレンを行います。これらの作業により、屋根面への塗料の付着状況が向上いたします。

今回使う遮熱塗料とプライマーです。
日本ペイント社製の「サーモアイSi」という遮熱塗料です。
JIS k 5675 屋根用高日射反射率塗料 2種 2級の規格を取得しており、助成金の対象になっております。

カラーラインナップも様々あるのですが、明るい色の方が全日射反射率が高いです。今回は最も反射率が高いクールホワイト色を選択しました(全日射反射率:91.0%)