私たちの仕事

一覧へ戻る

民間の仕事
2017年7月17日
駐車場フェンス改修工事~東貨流通様

株式会社東貨流通様からご用命をいただきました駐車場フェンス改修工事が完了しました。

東貨流通様は足立区で運送業を営業されているのですが、広大な敷地に数多くの自社トラックを所有されており、従業員みなさまの働きやすさを追求しながら数々のことにチャレンジされている運送会社です。

敷地に不審者の侵入や事故防止のために長年の風雨に耐えてきたフェンスでしたが、時間の経過と共にかなり状況が悪くなってきたとのことで、ご依頼をいただきました。

まずは現地の状況確認をさせていただくために、現地調査を行いました。

自然の力に耐え続けたフェンス。お疲れさまでした。

根がかなり張っていそうなので撤去方法も検討します

その後、お施主様である東貨流通様がどのようなイメージで改修を望んでいるのかをお伺いしました。私たち施工業者は、お客さまが描いているイメージを実際の形としてご提供させていただくことが仕事になりますので、この打合せはとても大切な時間になります。

お客さまには、
・フェンスの経年劣化に伴い、フェンスの倒壊などの危険性がある。近隣様へご迷惑を掛けるわけにはいかないので、早急に改修をしたい。
・改修にあたっては、数年前に改修をしたフェンスと同じようなテイストのものにしたい。
・駐輪場部分の古い壁もフェンスに替えたい。
と言うご要望がございました。

そこで私たち育栄建設では、上記ヒヤリングと現地調査を行い、具体的な計画とお見積を提出し、ご用命をいただき、着工となりました。

まずは、フェンスに食い込んでしまった立木を伐採することから始めました。

安全に注意をしながらチェーンソーで伐採

どんどん伐っていきます

そして、バックホウと人力でフェンスを撤去していきます。周辺道路を汚さないようにこまめに清掃を行いながらの作業を行いました。

太い立木はかなり根を張っており慎重に作業を進めました

フェンス撤去後にチェーンソー入れ

フェンス・樹木撤去完了

撤去した樹木や残土内に潜んでいたガレキについては分別をして、それぞれ産業廃棄物中間処理業者へ搬送します。

伐採した樹木と土に混ざっていたガレキ

今回はフェンス撤去後の仮囲いとしてメッシュの簡易フェンスを設置しました。外部道路からはブロック4段分上がった敷地になっておりましたので、高さ1mのものを撤去した範囲に設置し、不審者の侵入等に対策をしました。

フェンス撤去後の仮囲いの様子

撤去後は、外周部のブロックよりも内部の土が盛り上がってしまっていた状態でしたので、ブロックを1段積み増しする作業を行いました。

既存ブロックにアンカーを打設し鉄筋とブロックの定着をはかります

アンカー打設状況

ブロック積み状況

ブロック積みが完了した後、ブロック内側にフェンスの支柱用基礎を埋込み、その基礎に支柱を立てていきます。

フェンス用基礎及び支柱設置状況

支柱モルタル固定状況

そして、支柱にフェンスを固定し、フェンスの完成です!

また、駐輪場部分の壁についても撤去し、元々設置されていた下地鉄骨を利用し、同じテイストのフェンスを設置いたしました。このような元々あったものを有効に活用しながらの改修工事は工夫が必要ですが、施工業者の腕の見せ所です。

駐輪場改修前

駐輪場改修後

今回の工事では東貨流通様がより安全で安心な営業ができるようになることを念頭に置きながら、さらにはその先にいる荷主の方々、最終的にはそれらを手にする生活者の人たちにも貢献できるという思いで施工をさせていただきました。

このような機会をいただき、東貨流通様には心から御礼申し上げますm(_ _)m

当社では内装改修工事はもちろんのこと、このような外構工事につきましても施工させていただいております。周辺環境にも留意しながら、着実な施工を心がけております。

建物のことや敷地のことでお困りのことがございましたら、是非とも育栄建設にお声かけいただければと存じます!

ちなみに今回の当社の施工につきまして、東貨流通様の社長ブログにも掲載していただいておりますので、ご覧いただけますと幸いです。社長、ありがとうございます!

 今回施工にご協力をいただいたS土木さん、ありがとうございました!